ページ最終更新日: 03/24/2009 04:44:36

SNSブログサイトマップ
ご利用案内個人情報保護方針お問い合せ窓口
ホーム
ご利用案内
ログイン
当会について
各種FAQ’s
各種検索
各種相談掲示板
電話相談について
ボランティア募集中!
悪への対処を怠る業者
ご支援・ご協力のお願い
ご寄附のお願いについて
ご寄附者ご紹介一覧
業務協力/提携先募集
当会へのご入会案内
当会の会員名簿一覧
個人情報保護
各種リンク
お問い合せ窓口

Copyright(C) 2003 - 2012
 
クレサラ闇金相談所  All Right Reserved.


闇金関係FAQ
Q7.闇金には振り込みで返済をしています。お金を取り戻せますか?

お金を少しでも取り戻せる可能性は残されています

振り込め詐欺救済法(犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律)に基づく返金処理を行う事により、闇金融業者や架空請求業者が受け皿として使っていた飛ばしの銀行口座にお金が残されていた場合、貴方も含め、他にも被害者が名乗り出ていれば、被害者全員が、被害者それぞれの被害金額の比率に応じ、残されているお金から分配を受け返還される事になります。

但し、あくまでも口座にお金が残されていた場合であり、十分な金額が残されていると言う前提の上でと言う点にご注意下さい。(口座残高が千円未満の場合は分配されません。)
従って、口座に数百円しか残されてないとか、全て引き出された後で残高が無いと言うような場合には、配分される原資が無いのですから、そのような場合にはお金は戻っては来ないと言う事になります。

これには費用は一切かかりませんので、ダメ元で処理だけはされておいて下さい。
もし口座にある程度の残高が残されていたりすれば、その際には配分を受ける事ができるようになります。
運が良ければ被害金額の一部が手元に戻りますが、被害金額が満額全て戻ると言うような事は殆ど無いとも思いますから、余りこの処理に関しましては強く期待はされないようご注意下さい。

宝くじが買わないと当たる権利が無いのと同じで、この返還処理も貴方が自ら被害者です!と、名乗りをあげて手をあげておかないと返還して貰えるだけの権利が得られませんので、口座に残高があるか否かに関わらず、しっかりと被害者である事を名乗り出ておきましょう。

■手続きの流れ

1.最寄りの警察署へ対し、被害届を出すか、捜査関係事項等照会書を銀行に回して貰えるように処理します。

証拠を揃えて被害届を出される場合、「Q5.めぼしい証拠がありません。どうすれば・・・」等を参考にして下さい。被害届を出された場合、受理番号等を聞いて控えておいて下さい。

捜査関係事項等照会書は、情報提供のレベルでも警察は処理をする事ができますので、そのような書類を貴方が振り込んだ先の銀行支店等に回しておいて欲しいと言うようなお願いをされれば、大抵は早くて3,4時間後、遅くとも翌日中位には処理をして頂けるような場合が殆どです。


2.貴方が振り込んだ先の銀行支店へ行くか、本店に連絡し届け出ます。

警察へ闇金融業者等の口座情報を情報提供により提供後、その帰り足で銀行支店に立ち寄り返還手続きをされるか、銀行本店等のお客様相談窓口や振り込め詐欺救済法に基づく専用の窓口等に電話等により連絡し、必要な書類を郵送して貰う等と言うような流れで処理を進めます。

その際、どこの警察署のどの部署の担当刑事さんの所へ相談に行き、じきに捜査関係事項等照会書等もそこから回して貰えるようお願いをしている等とでも銀行側の担当者へ伝えると、処理もスムーズに進める事ができるようになると思いますから、警察の担当者のお名前等はしっかりと聞いてメモしておかれるようにされて下さい。

3.預金保険機構により、「預貯金等に係る債権の消滅手続きが開始された」旨の公告がインターネット上で行われます。

この返還手続きは、「2.」で貴方が銀行等に手続きを終えた後、公告スケジュールに従い、60日間(2ヶ月間)インターネット上で公告された後、その口座名義人の権利(財産権等)無効化が確定すると言う流れとなる為、少々お時間のかかる処理となっております。

また、これは直ちに公告されると言うものでは無く、公告スケジュールに照らし合わせながら行われますので、この公告が開始される迄の期間と言うのは、預金保険機構等のWEBサイトで公表されている公告スケジュール等により進められると言うような流れとなります。

従いまして、手続きをしたからと言って、すぐに貴方の手元に被害金額の一部が戻されると言うような事にはなりませんからご注意下さい。

※この項目は金融機関が処理する項目となりますので、貴方は何もする事はありません。


4.預金保険機構により、「当該預金等債権が消滅した」旨の公告がインターネット上で行われます。

これで被害金の受け皿とされていた口座の、口座名義人が有する権利が剥奪され、無事権利が消滅したと言う事が確定した事となり、消滅手続きはここで終了となります。

※この項目は金融機関が処理する項目となりますので、貴方は何もする事はありません。


5.消滅預金等債権について被害回復分配金の支払い手続きが開始された旨の公告」が行われ、その中に貴方が届けた口座があった場合

支払い申請期間中に、「被害回復分配金支払申請書」を届けた銀行等に行います。

6.預金保険機構により、「支払う被害回復分配金の額を金融機関が決定表に記載した」旨の公告がインターネット上で行われます。

※この項目は金融機関が処理する項目となりますので、貴方は何もする事はありません。

7.銀行等の金融機関より、「被害回復分配金」の支払いを受けます。

これで貴方の元へ、被害に遭われた金額の一部又は全部が戻ると言う事になります。

最初の届け出から支払いに至るまで、最低でも8ヶ月程度はお時間を要します。




■参考リンク
犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律
(平成十九年十二月二十一日法律第百三十三号)
預金保険機構
 ・振り込め詐欺救済法に基づく公告
 ・現在掲載中の公告
 ・過去の公告
 ・公告一覧
 ・公告スケジュール

東京地方検察庁 五菱会ヤミ金融事件の被害回復給付金支給手続きのお知らせ終了しました。
(暴力団「五菱会(ごりょうかい)」によるヤミ金融事件(「五菱会ヤミ金融事件」)の被害に遭われた方に、被害回復給付金を支給する為の申請を、平成21年1月26日(月)まで受け付けています。)

 
 
当コーナーへ掲載中の内容等に関し、誤記、間違い、表現が不適切と言うような点が御座いましたら、当会までご指摘箇所をメールにてその旨ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

また、当コーナーへ掲載して欲しい、掲載した方が良いと思われるような内容が御座いましたら、当会までメールにより具体的な内容と共にお知らせ下さい。

Copyright(C)  2003 - 2012 クレサラ闇金相談所  All Right Reserved. World Width.

⇒ 当ページ制作者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ制作日:01/09/2009
⇒ 当ページ保守者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ保守日: 03/24/2009 04:44:36

 

 
クレサラ闇金相談所