ページ最終更新日: 03/23/2009 08:04:22

SNSブログサイトマップ
ご利用案内個人情報保護方針お問い合せ窓口
ホーム
ご利用案内
ログイン
当会について
各種FAQ’s
各種検索
各種相談掲示板
電話相談について
ボランティア募集中!
悪への対処を怠る業者
ご支援・ご協力のお願い
ご寄附のお願いについて
ご寄附者ご紹介一覧
業務協力/提携先募集
当会へのご入会案内
当会の会員名簿一覧
個人情報保護
各種リンク
お問い合せ窓口

Copyright(C) 2003 - 2012
 
クレサラ闇金相談所  All Right Reserved.


闇金関係FAQ
Q5.めぼしい証拠がありません。どうすれば・・・

貴方は法的に見て「被害者」になれているでしょうか?

これは貴方にとって、とても重用であり大事な所です。
法的に見て、貴方が被害者であると言う状態で無ければ、例え警察へ駆け込んでも、被害届は出せないと言われたり、話しを聞くだけで終わると言うような結果に嫌でもなります。

被害届と言うのは、被害者がそこにいるからこそ、被害者として届け出をする事ができるのです。

もし、被害者として見て貰えないような状況であれば、被害者はいないと言う事になります。
被害者がいないのに被害届を出すと言うのはおかしな話しですよね?
被害者がいないのだから、いないのに誰が被害届を出せるの? と言うような屁理屈(法的理論)に落ち着く事になるのです。

よく、警察へ相談に行ったが門前払い同然の扱いを受けたとか、話しを聞くだけで届け出はできないと言われた等と言うような事で、警察へ不信感を抱いたり、くやしい思いをした人は大勢いると思いますが、これらは全て、貴方の持ち込んだ証拠が法的に見て、証拠ではあっても法律上で通用するだけの証拠では無いと判断されてしまい、証拠不十分で被害届まで手が届かなかったと言うだけの事なのです。

これは、警察が悪い訳でもありません。しいて言うなら、貴方自身が悪いと言う事になります。
証拠をちゃんと確保できていないと言う落ち度があるのです。
もし、私は法律に明るくないし詳しくも無いし、弁護士のような職業柄でも無いから、そんな事までは知らないよ! 等と言い訳をされても、これは実は言い訳にさえならないのです。

法律とは、誰もがいつでも自由に見聞きできるようなオープンな状態にされている存在です。
従いまして、誰もが平等にそれらを知ったり学ぶ為の機会は与えられている状態ですから、自分が怠けたり勤勉さを欠いたりして、学習したり知ろうとしなかった事を棚に上げて文句を言ったり言い訳をすると言うような事は、理由として認められて無いし、認められる事も無いのです。
自分の勉強不足を棚に上げて、誰かのせいにしたり、法律のせいにしても無駄だと言う事です。

貴方の話を聞いた警察官も、個人的には貴方の話を聞いて、「被害者だな」と思われる警察官の方が普通だと思います。

しかし、警察の職務として、個人的な感情や情だけで処理をすると言うようないい加減な事は当たり前ですが許されてはいないのです。
警察は、悪党を法の裁きを受けさせる為に捜査を行い、逮捕・検挙等を行うのが仕事のようなものです。
法の裁きを受けさせる為には、刑事裁判等の場でちゃんとした証拠を容疑者へ突きつけ、刑事裁判に勝って容疑者を犯罪者へと法的に認定させなければなりません。

日本国は民主主義国家であると同時に法治国家でもあります。
疑わしきは罰せずと言うように、確たる証拠が無いと悪党と言えど追い込めないのです。

もし貴方が闇金へ、銀行振込やATM等を介して返済等を行い、その振込伝票の控えが「電信扱い」の振り込みだった場合、例え伝票が100枚手元に残してあるとしても、それらは証拠能力が限りなくゼロに等しい、殆ど法的能力の伴わない証拠にしかならないのです。

電信扱いでは、相手の口座名義や口座番号の他、貴方がいくらいつ振り込んだか迄は伝票の控えを見れば誰でも解ります。
しかし、あと一つ、とても重要な要素が不足しているのです。 それは何か?

領収書を見ると、お金を何の為に支払ったのか? その目的が「但し書き」の所へしっかりと書かれていますよね?
例えば、「お食事代として」とか「タクシー代として」、「書籍代として」等と言う風にです。
これが大事なのです。

電信扱いの振り込みと言うのは、「任意扱い」なのです。
任意扱いと言うのは、貴方が相手に「自分から勝手にあげたような」と言うような扱いと同じとイメージされて下さい。

ですから、もし警察が貴方のその弱い証拠を盾に捜査を行い、悪党である容疑者を追いつめて、さぁこれから検挙だ!逮捕だ!と言う時に、容疑者を目の前にし、その時容疑者が「この金は貴方が見舞金や慰謝料でくれたものだ!」等とでも言う感じで適当に言い訳すれば、警察はもう民事不介入の原則があるだけに、そこから先には進めなくなるのです。
そうなればどうなります?
そこまで警察が人を動かし色々と捜査をしてきた事には、当然ですがタダではないので色々と経費がかかっています。これらは貴方や我々が納めている税金が使われているのです。血税です。
これらが無駄に終わるのです。

もしそうなると、今度は警察が検挙率が低下しただの、やれ血税が無駄になった等、県民・都民・道民等から叩かれたりして怒られる事にもなりかねません。
それ故に、警察も貴方の言う事は恐らく本当の事だろうが、肝心要の証拠が無いから動きたくても動けないと言うような状態になっているとイメージをすれば良いと思われます。

もし、ちゃんと領収書のような感じの、お金を誰にいくら、何の為に支払ったのか? これさえちゃんとしていれば、例え1円の被害金額でも警察は悪党の検挙に向けて捜査を開始したりして乗り出せるのです。貴方も被害者だと認定されてちゃんと被害届も出させてくれるのです。

たった一つの要素が足らないだけで、多くの被害者の人は被害届すら出せずにいるのです。
被害届の数が少ないから、警察が悪党を潰すより、悪党が増える速度の方が勝り、結果として被害がより増えて深刻化し続けているのです。

もし、次は無いと思いますが、電信振り込みをされるような事があるなら、、、その時には必ず名前欄のような所に、今では長い文字とか記号、数字等も入るような銀行が多いので、名前の後にでも一マス空けて、領収書の但し書きのような感じで、「○○月分の返済として」等と言うようなものを、カタカナでも何でも良いのでとにかく入れるようにされて下さい。

そうすれば、この1枚の振込伝票が領収書と同等の法的証拠能力を持ちますから、これを持って警察へ駆け込めば、無事に被害届を出させてくれると思われます。(^_^)

因に、既に貴方は前述した電信振り込み等はもう行う必要は無く、また行ってはいけませんから、前述した説明は、今闇金に立ち向かおうとしている貴方にとっては既に後の祭りと言う事ですから役にたちませんので今は忘れて下さい。


法的証拠を持たない貴方が真にすべきことは、次に説明する事柄です。

証拠? 一つも無いかも・・・。 では、無いならどうすればいい?

答えは簡単
です。無ければ無いで作ればいいんです。(b^ー゚)

1.電話や直接対話の際に、それらをアナログテープ式のウォークマン等で録音する。

もし、脅し文句や恫喝するような録音でも取れたら、脅迫罪や強要罪等の疑いありと言う事で、その方面で被害届を出し、警察に捜査をさせると言うような方向で処理を進めると言うような事も可能になると思われます。

それでもし、運良く犯人でも検挙できた際には、メインの出資法違反や貸し金業法違反と言うような犯罪も、「余罪」として他の罪等もちゃんと警察が追求もしてくれる事でしょうから、貴方にしてみればどんな容疑でも、警察が動いてくれると言う事は結果オーライと言う事になる訳です。

尚、録音テープ等は、後で反訳されて文書化しすれば、ちゃんとした法的証拠能力の高い証拠とできます。

2.手書きで日記等を付ける。

闇金と貴方の出会いのきっかけから、警察へ被害届を出しに相談に行く迄の間の出来事を、ノート等で構いませんから、必ず手書きで、記憶のある限り、事細かく日記風に書いて下さい。

貴方が法的に証拠不十分な状態で、法的に見ると被害者と見えないような状況下であるとしても、この日記が領収書と同等の証拠能力を有しますから、結果的にこれが貴方を助け、そして法的にも貴方を被害者であると認定させる上で、とても重要なモノ(証拠)になります。

有力な法的証拠が伴うなら、貴方の訴えは被害届と言う形になり、警察へ届ける事ができます。
日記が細かければ細かい程、被害届が出せる可能性と言うのも高まってきます。


日記と言うのは、「時間的要素」等まで細かく精査すると明確にするさえできる事から、法的証拠能力も非常に高いのです。
例えば、10年前の出来事が今問題となっている場合、10年前の当時に付けていた日記にそれらを指し示すような事でも手書きで目もしたり走り書き等をしているモノが出てきた場合、それは非常に強力な証拠になります。

紙は10年もすれば、経年劣化により黄ばんできたり痛んできたりしますよね?
これこそが、古美術品や骨董品のような年代鑑定でもしたら、一発でどの程度以前にそれがメモされたり作成されたかが解るのです。それが時間を表せたり表現してくれるのです。

もし10年前の走り書きや日記等に、問題となっている事を書き綴っていれば、そこに書き綴られている事に対する信頼性や信憑性と言ったような面でも、ぐんと引き上がると言う事になります。
10年も前から、10年後を見越してあれこれと都合の良い事を普通は書いたりする等、考え難い所がありますよね?
それだけに、画策や嘘のようなモノも薄いと言うような受け取り方をされ、当時をひも解いて表すと言う面で、高く評価されるのです。

日記を絶対に 「ワープロ」等で記録・作成してはいけません必ず手書きです。デジタルデータは改竄が簡単にできる事から、証拠能力が殆ど無いに等しいのです。

 
 
当コーナーへ掲載中の内容等に関し、誤記、間違い、表現が不適切と言うような点が御座いましたら、当会までご指摘箇所をメールにてその旨ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

また、当コーナーへ掲載して欲しい、掲載した方が良いと思われるような内容が御座いましたら、当会までメールにより具体的な内容と共にお知らせ下さい。

Copyright(C)  2003 - 2012 クレサラ闇金相談所  All Right Reserved. World Width.

⇒ 当ページ制作者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ制作日:10/13/2008
⇒ 当ページ保守者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ保守日: 03/23/2009 08:04:22

 

 
クレサラ闇金相談所