ページ最終更新日: 09/14/2009 22:19:51

SNSブログサイトマップ
ご利用案内個人情報保護方針お問い合せ窓口
ホーム
ご利用案内
ログイン
当会について
各種FAQ’s
各種検索
各種相談掲示板
電話相談について
ボランティア募集中!
悪への対処を怠る業者
ご支援・ご協力のお願い
ご寄附のお願いについて
ご寄附者ご紹介一覧
業務協力/提携先募集
当会へのご入会案内
当会の会員名簿一覧
個人情報保護
各種リンク
お問い合せ窓口

Copyright(C) 2003 - 2012
 
クレサラ闇金相談所  All Right Reserved.


闇金関係FAQ
Q1.私は最初に何をすればいいのでしょうか・・・?
誰にでも簡単にできる事です。しかし、それは貴方にしかできない事です。


■貴方が徹底して守るべき基本的な対処項目です。

1.闇金とは、「話す事自体」絶対にしない事

話しをする事により、悪党に貴方がいいように丸め込まれたり言いくるめられてしまうのを確実に防止する為です。

悪党やヤクザ等は、貴方をあの手この手で脅したり騙したりしながら丸め込んで従わせようと企んだり、お前が従わないなら家族をさらうぞ! 家に火をつけるぞ! 等と言うような事を言い、貴方を言葉巧みに人質を盾に見えない鎖で縛り、嫌々でも従わせようと目論むプロなのです。

悪党共は、このような縛りで誰かを陥れたり騙したりしながら飯を食っているのですから、悪党がその筋で長けているのは当然なのです。
従って、ヘタに話しをするとこうやって操り人形にさえされかねませんから、完全無視で話さない事は、言うなれば鉄則のようなものです。

また、偶に悪党がおどれすどれで凄んできたり威嚇してくると、悪党をなめているような人に限って、同じような言動でおどれすどれ口調でお互いに電話だし相手も怒鳴り込んでは来ないだろうとタカをくくり罵競合いをするような人もいますが、これも全くの安全とは言えない所もあるので、危ないからそのような真似は墓穴を掘ってもいけませんのでしないようにして下さい。

ヤクザ等と言うのは面子だけで幅をきかせて生きているようなモノですから、貴方との罵競り合いで面子を潰されたとか、仲間のヤクザからから馬鹿にされて面子が保てなくなった等と言うような事にでもなれば、そのヤクザは潰された面子を回復させねば、その世界では舐められっぱなしのままでは生きていけないのだから、本気になって貴方に反撃したり、カタを付けに貴方の目の前に現れると言うような事にでもなったらどうしますか?
それこそ何をされるか解りませんから、ヘタをしたら貴方の命さえもが危険な状況になりかねません。

例えば、5万や10万闇金業者から借り入れ、1回も返済する事も無く踏み倒した状態であるとしても、完全無視の姿勢で対処する限り、通常、悪党はこの程度の金額では、貴方の前に姿を見せてまで取り立てるような真似は殆どやりません。

この程度のお金で姿を見せて、その時に運悪く警察に捕まったりしたら元も子も無いからです。
他に、ちょっと脅せば簡単にお金を搾り取れるようなカモは他にも沢山いるのだから等とでも考え、無理に取り難い相手からは取ろうとは、通常、この手の悪党は考えません。

悪党とは、悪い事をしていると解った上でやっている訳ですから、捕まれば困る訳です。
その為に、捕まり難くする為に、飛ばしの携帯電話や銀行口座等を準備したり、それらを引き出させるような出し子と呼ばれるような人間を使ったりと、運用させる人間を予め金で釣って逮捕要員として影から動かし、自分達は何かあれば逮捕要員をトカゲのしっぽを切るように切り捨てれば、そこから胴体や首まで捜査の手が伸びて来ないような安全な場所へ身を置いて悪事を指揮して暗躍しているのです。

それ故に、完全無視を徹底してさえいれば、事態が良くなる事はあっても、それ以上悪くなると言うような事は殆ど無くなる方向へと自然に流れも向いてくるようになります。

しかし、もし面子を潰すような事になれば、ヤクザは銭金に無関係に貴方に対しケンカや戦争を仕掛けて来ます。

そうなると、貴方は相当困るし危険な状態にも置かれる事になりますから、そうならぬ為にも、絶対に相手は電話だけで来ないから等とタカをくくり、ヤクザと変わらないような言動で対応する等と言うような事はしないようくれぐれもご注意下さい。
貴方だって、地面より低い所に埋められたりとか、水面より低い所に沈められたりしても困るでしょ?

ヤクザと言うのは、法律を破るのは日常茶飯事みたいな事であり、人様に迷惑を掛けてはそれを銭金に換えるのが仕事のような腐れなのです。刑務所に入る事も恐れたりする所か、逆に仲間同士での世間話で24(ニーヨン)食らったとか48(ヨンパチ)食らった等と言うような事を自慢げに、仲間同士で拘留されたり刑務所入った事をネタにして張り合って喜んでるようなボンクラなのです。

刑務所にでも入れば、ハクが付くと言う程度にしか思ってません。逆に1度は入っておきたいとさえ思っている事でしょう。そう言う世界では札付きになると一応本職になれたとでも思っているのでしょう。
そんな相手と直に揉めたりして貴方が大けがしたり死んだら貴方はどうするんですか?
ヤクザは刑務所に入りたい組だから、捕まって入った所でこれで仲間内からも一目置かれる等と言って喜ぶだけです。
従って、絶対に話す事も絶対禁止の姿勢で完全無視を決め込むような対応をされて下さい。
人間、生きとってなんぼの世界です。死んだらそこで終わりでもう何もあらへんのです。

2.貴方が闇金へ漏らした情報先には、嫌がらせが入ってバレる前に、必ず貴方から先に打ち明ける事

打ち明ける事で、多少なりとも貴方は打ち明けた先からさげすまされたり罵られたりして怒られる事は火を見るより明らかです。
しかし、先に打ち明けるのと、隠し通していて後で大事になった事でバレて怒られると言う事では、怒られ方や貴方の相手からの信頼や信用の墜ちる度合いと言う所で、天地程の差が付く結果となります。

もし 隠していてバレた場合、怒られ方も比較にならない程怒られる事になると思いますが、最悪、家族等のような身内から貴方に対する信用まで、どん底に墜ちきってしまいかねません。
当然、結婚等をされていれば、信頼関係がどん底に墜ちた事がきっかけで離婚を切り出される等と言うような事態に陥る人も少なくはありません。

同居の家族や親兄弟等から、勘当同然で放り出されると言うような事も珍しくはありません。
そうなれば困るのは貴方自身なのです。

そうならない為にも、自分で怒られる種をまいたのですから、これ以上甘えた考えは捨て、諦めて腹でもくくり怒られるようにされて下さい。怒られるのはその場だけで済みます。
信用や信頼も、首の皮1枚でつながっていると言うような状態で、完全に墜ちきるのを少しですが防ぐ事にもできてきます。

また、怒られた後には、家族親類等の身内からの協力等が頂ける場合も多いので、貴方と同じような対処や協力をして頂けるようにする為にも、必ずバレる前に打ち明けるようにされて下さい。

尚、まだ嫌がらせが発生していないと言う状態であれば時には嘘も方便とも言いますから、インターネットの無料懸賞サイトやプレゼントサイトのような所で応募したら、TVでよくやっているような架空請求業者の類に情報が漏れて、最近おかしな電話がかかってきていて困る。応募の際には勤務先や家族構成等も書いてしまったので、もしおかしな電話がかかってきたら私とは関係ないから一切相手にせずガチャ切り等の対応でもするようにお願いします。等と言うような感じで対処を事前にお願いしておくのも宜しいかとも考えます。

馬鹿正直に、闇金業者からお金に困って借りようとした等と打ち明けると、どうしても打ち明けられた相手は、貴方にそれなりに借金がありお金に困っているんだなと思うのが一般的です。
そう思われた際に、相手が貴方を見る目に色眼鏡がかかってくるとも限りませんから、そうなれば色々な面でも貴方にとってはマイナスです。
従って、そう言うのを未然に防止するのも貴方の将来や生活を守る為にも当会では必要とも考えますが、これはあくまでもまだ嫌がらせが全く発生していない場合でのみ、嘘も方便として運用可能な範囲にあるとの考えです。

もし、既に嫌がらせが始まっていると言うような場合には、正直に全ての事を相手に打ち明けるようにされて下さい。

■次の項目の処理を、全て順番に行って下さい。


1.自分や家族の携帯電話や固定電話への対処を行う。

2. 勤務先等への嫌がらせへの対処を行う。

3.法的証拠の準備を整える。

Q5.めぼしい証拠がありません。どうすれば・・・

闇金と貴方の出会いのきっかけから、警察へ被害届を出しに相談に行く迄の間の出来事を、ノート等で構いませんから、必ず手書きで、記憶のある限りを事細かく日記風に書いて下さい。

貴方が法的に証拠不十分な状態で、法的に見ると被害者と見えないような状況下であるとしても、この日記が領収書と同等の証拠能力を有しますから、結果としてこれが貴方を助け、そして法的にも貴方を被害者であると認定される上での重要なモノ(証拠)となります。

但し、絶対に 「ワープロ」等でこれを作成してはいけません。必ず手書きです。
デジタルデータは改竄が簡単にできる事から、証拠能力が殆ど無きに等しい事から、ダメとなります。


4.警察署へ被害届を出したり情報提供を行う。

貴方の問題を担当する警察署は、貴方の住所のある地域を管轄している警察署(東署、西署等のような警察署です。)になります。

よく所轄では無く、県警本部等へ行くように等と言うような人がいますが、県警本部に行ったり電話をしても、最終的には、貴方の問題は全て所轄の警察署で受けるようになっているのですから、無駄な事で回り道をする必要はありませんので、最初から所轄の警察署へ行くようにされて下さい。

警察署に行くと、生活安全課とか保安係と言うような何れかの名称の部署が大抵はありますので、そこに闇金担当の刑事さんが最低でも1人はいますから、その刑事さんの所へ訪ねて行くようにして下さい。

飛ばしの携帯番号等は、携帯電話の本人確認法」に基づき、警察署長の権限により携帯会社へ対し本人確認を行わせ、飛ばしの番号等は強制解約となる流れにし、早々と潰してしまう方向で処理を要請されて下さい。

飛ばしの銀行口座等は、捜査関係事項等照会書」を回して貰い、早急に受け皿にしている飛ばしの銀行口座等は凍結するようお願いをされて下さい。

上記二つは、被害届が出せない場合や、情報提供だけのレベルでも処理する事が可能です。
もし、このような処理を依頼したりお願いした際に、「被害届を出せないからできない」とか、そう言うのはできない等と言うような返答をするような刑事さんがいた場合、その警察署名と電話番号の他、その掲示板のいる正式部署名とその刑事さんのお名前をメモして記録し、貴方のお名前やご住所、連絡先番号の他、何時警察署へ行ったのかその日時等を沿えて、詳細と共に当会までお知らせ下さい。
当会からその警察署の担当された刑事さんの方へ事実確認の連絡をさせて頂いた上で、対応が不適切なようなら是正させるよう当会から申し入れ等を行わせて頂きますのでご安心下さい。

尚、その場から当会の無料相談ダイヤルの方までご連絡戴いても構いません。当会より指摘を入れ是正させるような対応を採らせて戴きます。

警察も貴方と同じようにサラリーです。従いまして、平日の朝8時半〜夕方17時半頃で、他に捜査関係の予定が無い限り、時間を過ぎると帰宅されてしまいます。警察署自体は24時間やってますが、その日の当直当番の警察官が詰めているだけですから、時間外に行っても部署が違ったり担当者が違えば何も担当部署外の事は解らないと言う場合も多いので、話自体は聞いてくれますが、実際は翌日にでもまた担当者がいる間に行き、話しをし直す等の手間がかかりますから、無駄になるような行き方はしないようにご注意下さい。また、警察署へ行く前に、一度電話でアポを取り、確実に行けば刑事さんに会えますよと言うようなスケジュール調整をされて行くのがベストです。

5.警察からの帰り際に、闇金に支払いで振り込んだ先の銀行窓口に行くか、その支店へ連絡を入れる。

振り込め詐欺救済法に基づく返金処理をお願いします。」等と言って処理をお願いされて下さい。
銀行の窓口でそう言えば解ります。
1枚程度、銀行から渡される書類に必要事項を明記して捺印したモノを出す必要がありますから、ハンコ等は予め準備して持って行くようにされて下さい。

この処理では、公示抗告期間がスケジュール通りに行われた後、口座所有者の財産権等を剥奪すると言うような形で口座に残されているお金を、私は被害者です!と手を挙げた人達で、被害金額の比率に応じて残っているお金を分配するような形となりますので、口座凍結時にお金がある程度残っていればいいのですが、殆どの場合は引き出された後だったりして口座が空になっている場合が多いので、この処理は気持ち程度に処理をしておくと言う程度で、余り期待はしないようにもされて下さい。

運が良ければ支払って取られた被害金額の一部が戻って来ると言う程度の期待感で納めるようにされるのが宜しいかと思われます。

尚、当たり前の話しではありますが、振り込みを行った後の伝票等は持っている事でしょうから、それを貴方が振り込んで被害に遭っていますと言うような証拠代わりに忘れず持参して下さい。

もし、ATM等の伝票を捨ててしまっているとかで手元に無いと言うような場合には、何処のATMから何月何日の何時頃にいくらの金額をどの銀行に向けて振り込んだのかと言うような事を伝え、調査して貰って下さい。尚、調査するハメになった場合、これは膨大な記録から手作業で探すような格好となりますのでその場ですぐには解りません。3日〜1週間、それ以上かかる場合も出てきますから、その辺の詳細は振り込み元になった銀行等に相談されるかして詳細の方は確認されて下さい。


ここまでで闇金と縁を切る為の処理は一通り終わりです。どうですか? 簡単でしょ?(^_^)
後は、携帯電話や固定電話を番号を変えずに着信拒否等だけで対応中の場合、着信履歴がもの凄い事になっている事と推察しますから、それらの新たな番号類を全て控え、2度目からは電話連絡でも良いので、情報提供と題して番号を警察へ提供し、本人確認を行わせて次々と飛ばしの携帯等は潰して行くと言うような方向でこまめに情報提供を繰り返して下さい。

例えば、今日は新たな番号1件だけだったと言うような場合でも、横着はせず、面倒でも情報提供を必ずする事を徹底して下さい。
これが、貴方が闇金から見ればブラック状態と言うような事にいち早くなる為のとても大事なポイントでもあるのです。

もし、ここで手抜きをしてブラックになりそびれていると、その闇金業者自は貴方をカモにするのを諦め手を引いたとしても、個人情報と言う名簿等はまだ生きている状態と言うのであれば、その闇金業者は他の仲間や類似業者へその名簿を売り買いしてお金に換えると考えて下さい。

そうなれば、半年後1年後と、貴方が忘れた頃にまた今度は別の闇金業者から勧誘やDMが届いたり、いわれのない架空請求や脅しが来たりと、また元の木阿弥に戻ってしまい、再び貴方だけでは無く、貴方の周囲も同じような対応をする事を余儀なくされます。
これがエンドレスで名簿が生きて飛び跳ねている限り続く事になるんです。
そうなると貴方も大変ですし、周囲も大変ですから、1発目の処理で完全に縁を切る処理を貴方や周囲が徹底する処理を最後まで手を抜かずやり抜く事により、将来における平穏までも 勝ち取る事ができるのです。

尚、一度ブラック扱いになると、名簿価値はゼロになりますから売り買いされる事は無くなり、名簿からも迷惑なカモとして消される事につながります。
副作用として、今後貴方の悪いクセでもでて、再びいかがわしい業者へ借り入れをと思って申し込み等をされても、1回徹底的に処理をこなしていると、相手の方から貴方の事を全く相手にしなくなるようになりますから、文字通り二度と縁が無い状態と言う所まで持って行けます。
 
 
当コーナーへ掲載中の内容等に関し、誤記、間違い、表現が不適切と言うような点が御座いましたら、当会までご指摘箇所をメールにてその旨ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

また、当コーナーへ掲載して欲しい、掲載した方が良いと思われるような内容が御座いましたら、当会までメールにより具体的な内容と共にお知らせ下さい。

Copyright(C)  2003 - 2012 クレサラ闇金相談所  All Right Reserved. World Width.

⇒ 当ページ制作者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ制作日:10/13/2008
⇒ 当ページ保守者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ保守日: 09/14/2009 22:19:51

 

 
クレサラ闇金相談所