ページ最終更新日: 02/04/2009 05:18:40

SNSブログサイトマップ
ご利用案内個人情報保護方針お問い合せ窓口
ホーム
ご利用案内
ログイン
当会について
各種FAQ’s
各種検索
各種相談掲示板
電話相談について
ボランティア募集中!
悪への対処を怠る業者
ご支援・ご協力のお願い
ご寄附のお願いについて
ご寄附者ご紹介一覧
業務協力/提携先募集
当会へのご入会案内
当会の会員名簿一覧
個人情報保護
各種リンク
お問い合せ窓口

Copyright(C) 2003 - 2012
 
クレサラ闇金相談所  All Right Reserved.


当会へのご入会案内


当会は皆様からの温かいご支援により支えられています。


当会に関わる人の輪が大きくなればなるほど、当会の活動原資となる財政基盤はより強化されて脆弱性を低める事が出来ます。

それに伴い、相談者の方へご提供させて頂いているサービスの質や量等も、より一層幅広く、そして深く向上させて行く事が出来るようになってきます。

当会は財団法人のような初期からの積み立てられたような財政基盤は持ち合わしておりません。
皆様からの会費やご寄付等により、ゼロから構築されて行くと言うような形をとっております。

従いまして、財政上、マイナスが発生した時点で当会は経理上では倒産と同じ状態になります。
マイナス分を銀行のような金融機関から借り入れて調達補填したり・・・と言うような事が原則的に出来ません。そう言う構造しかまだ当会は持っておりません。

当会の運営やサイトの管理・運営等は、皆様からのご支援のみが唯一の頼り所であります。
当サイトは当会のモノと言う認識は当会ではしておりません。
当サイトは、相談者の為のモノであり、ご利用者全員のモノと言うような認識をしております。

町角に存在する公園等の公共施設、これは一体誰が費用を負担して誰が維持管理されているか皆様はご存じでしょうか?
公園等は、基本的に市町村の自治体が管理しており、その維持管理費用は自治体が負担しております。
しかし、その自治体が捻出する維持管理費用自体は、実は皆様が国や市町村へ支払われている税金等が財源を構成するベースとなっております。

これを一言で簡単にご説明を申し上げると、皆様各位がそれぞれに自治体へ公園の維持管理を委託するような形によりお願いし、それを受けて自治体が代表として維持管理をされていると言う事になります。

当会も原則としてこの形です。

ご利用者各位のお住まいのお近くには、必ずと言って良いほど夜道を明るく照らしてくれる街灯があると思いますが、これも各町村レベルで更に細かく組分けしたような形により、毎月街灯費を集金に来られる当番の人へ支払ってはいませんでしょうか?

これも公共的な意味を持つモノですから、このようなモノの維持管理費用はその周辺に住まわれている人達全員で均等に必要な費用は出し合い負担する形にされている町村は多いと思います。

当会も当サイトも、考え方としては基本的にこれらと同じモノなのです。

当会や当サイトは、一体誰の為に存在しているのか? 皆様ならご理解頂ける事と思います。

当会や当サイトは、相談者の救済の為だけに存在している団体でありサイトであります。

相談者は基本的に明日の飯代所か、今晩の飯代も無い位、経済的に追いつめられて厳しい状況下に立たされている人と言うような認識を、少し大袈裟ですが当会ではするようにしています。
従いまして、相談者は如何様な相談に対しても、相談者が問題を解決する迄の間に費用や経費をご負担頂くと言うような事は一切御座いません。当会の理念です。

ただ、問題が何とか解決し、その後ある程度の期間が過ぎて体力を取り戻されてきたと言うような元相談者の人は、今度はその受けた恩を、次に来た相談者の為に報いて下さい。

人間、恩を受ければそれを貰いっぱなしで済ますのは、人間として、常識人として恥ずべき事です。
恩を受ければそこには義理が発生します。
その義理を当会や当サイトへ向けて返すのでは無く、次に来る元貴方のような、今助けてあげなければならない相談者の為に、貴方に出来る形で構いませんから、必ず報いてあげて下さい。

相談者へ、貴方が解る範囲にてアドバイスをおくる回答者として掲示板で活躍されて恩を報いても良いし、貴方もまだ不勉強により解らない・知らない部分を勤勉されて回答活動を行われても良いし、また、そのような活動が無理でも金銭的な経済面で余裕があるなら、当会や当サイトの維持管理に会員として、また寄付としてバックアップを頂けると言うような報い方でも構いません。

誰かに頼るのではなく、貴方が相談者や当会、当サイト等を支えて下さい。

当会や当サイトは、誰かのモノでは決して御座いません。ご利用者全員のモノなのです。
全員のモノなのですから、全員で寄って集って支え発展をさせて下さい。
また、維持管理も全員で寄って集ってキチンとして下さい。

当会を設立したのは個人ですが、ただ単に全員がそれぞれに力を出す際、それを集積して集めるだけの入れ物として当会を設立したに過ぎません。

やる気のある人はドンドン当会の活動に参加して下さい。
更にやる気のある人は、当会の運営等にも積極的に参画し舵取りをして下さい。
誰かに作って貰うのを待つだけではダメです。
貴方が術らしい! これは何としても実現したい! そう言うアイディアを具体化するのも、貴方が運営に参画すれば、言い出しっぺの貴方が音頭を取って皆さんを引っ張り実現に向けて人力を尽くせば具現化もそう難しくも無くなります。

近年では、県や市が運営する社会福祉法人やNPO団体等が、寄付金不足により運営費を賄えずに解散すると言うような異常事態が各地で起こり始めております。
最近では、障害者を支援する為の社会福祉法人が、この2年程前から寄付金の集まりが極端に悪化し、従来比の10分の1以下にまで落ち込んだと言う事で、運営管理費を捻出出来ない事から社会にとって、障害者の方にとって、無くてはならないハズの団体が一つ解散し消滅しました・・・。
皆さん、これを一体どう思われ、どう捉えられますか?
これが現代社会の風潮なのです・・・。

当会も、このような障害者の方をバックアップする分野と比べると、更に経済的に厳しい人達ばかりが集うような分野での活動となる事から、寄付金やご支援等の手も相当希薄となり余りアテにはできないだろうと推測はしておりましたが、予想以上の厳しさで当会も何時まで持つやら・・・と言う事が現状では懸念されております。

当会では、本年度分(平成18年度)の経理情報はまだWEBサイト上には公開しておりませんが、07/14/2006現在で、およそマイナス方向に40万円程度向いております。
維持管理する為の財源不足により、本来なら既に当会は倒産し、当サイトも維持管理が出来ない事から閉鎖に追い込まれている状態となっております。

サイトが存在する為には、サーバ領域をレンタルしたり、ドメインを維持し、更にはコンテンツを賄う人材の確保やツール類も最低、必要となってきます。それに加え、事業費や相談電話等の固定費の負担等、これらの負担は避けては通れないモノばかりです。が、実際問題、これらは当会としての財源では、今現在の所では賄い切れておりません。これは非常に重要な事であり由々しき問題として当会では認識しております。

当会は現在社会問題視されている、官僚の天下りを受け入れて特別会計のような国税が注がれる特殊法人や機構では御座いませんので、このまま赤字を垂れ流しているとある日突然垂れ流しを支える人の気でも変わればそれこそイチコロで無くなるような状態です。
これは 冗談ではありません。事実です。

ご利用者各位で自由に利用できる場所は、それを使う人全員の手で整備したり維持運営をして下さい。
皆様で支えているものを皆様でご自由にご活用頂く為の集合場所
これが当会であり当サイトです。
誰かの問題を解決に導く活動を行い助けてあげたい人

誰かに自分の抱え込んでいる問題を相談して解決への糸口を掴みたい人

当会の活動主旨に賛同やご理解を示して頂ける人

何らかの形で社会へ貢献や還元をされたい人

ボランティアと言うモノに興味があったり、携わってみたいと思う人

誰かからありがとうと喜ぶ顔を見たい人
(=∩_∩=)

人任せに出来ず、自分でやらないと気が済まないというような人
(^^;

当会や当サイトの方針や運営にモノ申す!と言うような人(^_^;

その他、
活動への参加や参画で一々理由等いらん!と言うような奇特な人(ぉ
上記の何れかに当てはまると思われる人は、是非とも当会の会員として会の活動へ積極的にご参加願えれば幸いです。(^^)。
また、当会や当サイトの質をより一層向上させる為、会員各位は積極的に運営部等にも手を上げて参画する事をご検討頂けますよう併せてお願い申し上げます。
 

当会や当サイトは誰か人任せで成り立つモノでは御座いません。

ご支援者や会員、ご利用者各位が協力して作り上げながら視野や裾野を広げて行く必要が御座います。

 

Copyright(C)  2003 - 2012 クレサラ闇金相談所  All Right Reserved. World Width.

⇒ 当ページ制作者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ制作日:11/09/2005
⇒ 当ページ保守者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ保守日: 02/04/2009 05:18:40

 

 
クレサラ闇金相談所