最終更新日:02/04/2009

クレサラ闇金相談所 ロゴ クレサラ闇金相談所


各種 FAQ(用語関係) 詐 欺

融資名目の被害
 融資の申し込み契約をした後、

 「保証金」「信用実績」「手付金」「返済能力を試す」等、様々な名目で業者から金品を要求された挙げ句、融資を受ける所か、逆に要求に従ったが為に金品まで騙し取られたと言ったパターンの被害が急増中です。

 非道い場合には、同じ業者に幾度となくあれこれと名目を付けられては、数度に渡って金品を騙し取られたと言う人も少なくはありません。(^^;

 騙された事に気付き、その後、「契約解除」による「返金」を業者へ求めると、今度は業者から「キャンセル料」を不当に要求される等と言ったような事になり、それにも言いなりで支払ってしまい、二重の被害を被った等と言った人も少なくはありません。


★貴方へのメッセージ

 このような甘い話は世の中に存在しないと思って下さい。(^^;

 そもそも、このような一目で解る嘘に、簡単にコロッと騙されてしまう人と言うのは、既に精神的な所で冷静さと言うモノを大きく欠いているものと思われます。

 貴方の弱いポイントを、業者はそれらしく突いてきます。決して騙されないように心がけましょう。

 僅かでも不審に感じたら、業者の言いなりになる前に、まず誰かに相談をして下さい。
親族を装い高齢者や家族を騙す詐欺
 通称、オレオレ詐欺アニアニ詐欺等があります。

 「俺だよ!俺!兄だ!兄貴だよ! 等と電話を掛けて来て身内を装います。

 主に親族を装いながら、主に判断力の弱っている高齢者に身内のフリをして、お金を騙し取ろうとする詐欺です。

 「電話」で、息子従兄等を装い、「交通事故をした」「ヤクザのベンツにぶつけてしまいすぐに金が要る」等と言ったような感じで、切迫したり、緊迫した雰囲気の口調で、今すぐにお金が必要だ等と哀願し、お金を指定する架空口座へ振り込ませると言ったパターンの成りすまし詐欺です。

  次のような特徴が挙げられます。

第一のポイント

 
何らかのトラブルに巻き込まれ、しかもその相手がヤクザのような危険な相手等と言ったような状況を、「身内を騙り」伝える場合が多いです。

 大抵の場合、交通事故と言うのが殆どのようです。

 それなりに納得もさせ易く、誰にでも起こりうる事から騙しやすい為かも知れません。

第二のポイント

 
実家から離れ、別の場所や地域に住んでいる「身内を騙る場合」が多いです。

 その為、普段余り会っていない事から、多少電話の声が違っていても、緊迫した状況と共に伝えられれば、身内としては焦りからか、それをすんなり信じ、お金を言われるままに振り込むと言うパターンが多く、被害に遭われるご家族の方の大半はこのパターンだと思われます。

 その後、後で息子や娘に連絡を取って確認をすると、その時始めて騙された、詐欺だった等と気付きます。

 お金は何処の誰とも解らないような相手に騙し取られている事から、後でそれが戻って来る等と言った甘い期待も有りません。

★貴方へのメッセージ

もしこのような電話を受けた場合

1.いきなり身内が事故に巻き込まれた等と聞かされても、先ずは冷静になり、落ち着いて下さい。
   焦れば冷静な判断力を失います。

2.一度適当な理由で電話を切り、その後、自分から息子や娘に連絡を取るようにして下さい。

 この手順さえしっかり守ってさえいれば、この手の詐欺に遭う事は容易に避けられます。

 また、仮に本当の話だった場合でも、電話を掛け直す位の時間が余計に掛かったからとは言っても、それで大きく事故処理等に影響が出る訳でも有りませんのでご安心下さい。


 不審な点が拭えない場合には、幾ら身内だからと言っても、早計な判断や行動は行わないようにして下さいね。(^^;
新型オレオレ系の詐欺

 「親族を装い高齢者や家族を騙す詐欺」も時代と共に表面的な所で進化し、発展しています。

 最近では次のようなパターンもあり、この先、この手の詐欺は形を変え、やり方を変えながら、レパートリーを広げるかの如く、様々な変種のようなパターンが出てくるモノと推測出来ますから、十分お気を付け下さい。

 尚、今年(2004年)だけでも、オレオレ詐欺の被害件数は、全国で5千件を突破し、被害総額はなんと!58億円との事です。(^^;

 と書いた所で・・・。

 皆さ〜〜ん!! これは決して他人事では無いのですよ〜〜!(^^;

 その辺をちゃんと認識して下さい。自分達だけは大丈夫等とは決して思わないで下さい。

 因に、「自分だけは騙されないから大丈夫だろう」、「自分の所には来ないだろう、狙われないだろう」 等と、もしも思われているような人がいたら、それは現在、貴方の中の危険信号が発令中であるとの認識をして下さい。

 実は、そう思っている人こそが、一番騙されやすい危険な所に位置しているのです。(汗)(;`O´)o

 参考迄に、自分は大丈夫だ! <(`^´)>エッヘン。 等と、誇らしげに思っている人の、62.9%の人は真っ先に騙されているとの悲しい現実が有ったりします。(^^;

 半数以上の人が、自分に自信満々であるにも関わらず、あっさりと騙されている訳です。

 心の中で思っているだけではダメです。いざ本番となった際に、全く使えません。
 ダメダメ君を演じて終わるのがオチです。(^^;

 この手の対処にも、ある程度の訓練とか練習と言ったようなモノが大切になってきます。

 学校では、定期的に火事だ〜! 等と避難訓練をしますよね? あれは何故? 

  火事になれば、その場所から避難をするだけで良いんです。頭では誰でもこう考えます。

 しかし、火事が現実のモノになってしまった場合ではどうでしょう?

 頭で考えているだけで、その通りに冷静に行動が起こせると言う人は勿論います。
 しかし、そのようないきなり動けるような才覚の持ち主と言うのは、全員ではありません。

 そんな事態でも冷静に対処出来るような人は、良くて全体の中で5%もいれば良い方です。
 つまり、殆どの人の場合、パニックになると冷静な判断や思考が出来なくなると言う事です。

 だから、普段から練習や訓練等を行い、万が一の時に備えておく必要性が生じます。

 この手の詐欺も、気が動転でもさせられ、パニック状態にでもさせられれば、いとも簡単にコロリと騙してしまえますから、そうならないように冷静に対処する為にも、それに「慣れる」為の練習や訓練と言う事も、ある程度必要になってきます。
 

 と言う訳で、これらは決して他人事だけでは済まないのです。
 いつ何時、自分がこの手の詐欺グループに目を付けられたり、標的にされるかは解らないのです。

 今これを読まれている貴方!! 自分の問題として捉えるように努めて下さい。^-^v


 下記の事を実践さえしていれば、この手の詐欺に騙されたりする事は殆ど無くなります。

原則として、相手が必ず「本物」か「偽物」かの確認を必ず行い、決してそれを怠らない事

 それが唯一、貴方がこの手の詐欺から身を守る為の手段です。



新手の事例

最新のオレオレ詐欺関係では、「泣くだけ」と言うケースが多い模様です。

1.孫や主人を装った電話が貴方の元へ掛かってくる。

2.電話に出ると、「おばあちゃん」等と、一言喋ると後は泣きまくるだけ。

3.
その後、信販会社とか、事故の被害者と名乗る人に電話が変わる。

4.
借金の取り立てに来ているとか、事故の示談等で話をして来る。


 このように、最近のオレオレ関係では、少し手口に変化が出ている模様です。

 余り長く話をすると、かえって偽物だとばれやすい事から、最初は、一言、二言、自分が孫であるとか、貴方のご亭主等と解る程度にモノを言い、後はただワンワンと泣きじゃくるだけと言ったパターンが増えてきている模様です。

 此処にまた一つの心理的な落とし穴が存在している感じで、いきなり大泣きしている事から、電話を受けた側がビックリしてしまい、そのおかげで頭のスイッチが切り替わったかのような状態に誘導され、もうそこには冷静な思考は微塵も無いと言ったような状態になる場合が多いようです。

 孫やご亭主を、どうやればいかにして助けてやれるのか?

 これしか頭の中に無かったと言う被害者の方が多いようですね。(^^;

 いきなり大泣きしまくる手口ですが、これは受けた側もビックリしますよね?

 (; ̄Д ̄)なんじゃとー!? とか。^^;

 しかも、大泣きの最中に、孫だ亭主だ等と言われたら、声が少々違っていようが、その辺に意識が向いていない事から、偽物と気付きにくくなります。

 これは、ある程度心理学的に研究を積んだような手口ではないかと思われます。

  また、最近では、「オレだよオレ!」等と言う変わりに、「田舎だよ!田舎!」等と言った、田舎詐欺と言うのも登場している模様です。(^^;

 これは、何で田舎で騙されるの? 等と、誰もが不思議に思うかと思いますが、事例によれば、詐欺師本人が自宅の方まで親族を装い続けて現れ、目の前で適当な昔話をでっち上げながら、隙を見てお金を騙し取ったり、空き巣まがいの事を行う等、かなり大胆不敵な行動を行う詐欺のようです。

 少し田舎詐欺のプロセスというか、流れを紹介しておきます。

 尚、田舎詐欺は、高齢者で記憶力や判断力の鈍っているお年寄り等をターゲットに狙い、兄や妹のような兄弟がいる人で、数年に1度位しか会わないような人が、コロッと騙されている模様です。

1.親兄弟のような親族を装った電話が貴方の元へ掛かってくる。

2.電話に出ると、「田舎だよ田舎!」等と言い、電話に出た身内は、親族の誰かかと錯覚する。

3.
その後、自宅まで訪問し、久々に再会した事で話題を盛り上げつつ、サイフを落としたとか忘れた等と言ってお金を借り、借りたら直ぐに用事があるから等と引き上げる。


社会保険事務所の職員を装い、年金の過払い分の返還を求める等の手口
(これは、今年(西暦2004年)実際にあった年金支給上での計算ミスをそっくり真似ています)

マンション等の賃金住居へ対し、「家賃の振込先が変わった」「防犯カメラを取り付ける」等と言った感じのチラシが各戸へポスティングされる等の手口

弁護士を装い、借金を今すぐ払わなければ刑事告発を行うと言ったような口ぶりで、相手に法的知識が無いのを良い事に、まるで犯罪者にでもされるかのような口ぶりで、相手を貶めて騙し取ろうとするような手口
実在の弁護士や弁護士事務所を、勝手に騙っている場合もあります


★貴方へのメッセージ

 相手が本当に正規の請求権を有する相手なのか?
 この辺を必ず確認するようにして下さい。

 これさえしっかり守っておけば、被害に遭う事は容易に避けられます。

 今後、かなり生活に密着したような所をネタに、でこの手の詐欺は急増して行くだろうと当サイトでは予測しております。(^_^;

 例えば、

 
NHKの受信料請求街灯費の請求町内会費の請求等、このような生活に密着しているようなネタも、詐欺の道具として悪用をしてくる輩が出てくる事は十二分に考えられます。

 この手の詐欺のポイントは、

1.騙し取ろうとする相手に対し、いかにして「考えさせる時間を与えないようにするか?

2.いかにして「パニック状態へ即座に落とし、混乱させて気を反らすか?

3.いかにして「本物と思わせるか?」等

 これらの要素が、詐欺が成功する上では重要なキーポイントとなってきますから、これを良く理解し、挙げたポイントの条件に、いかにして「させない」かを考察して下さい。

 また、この手の詐欺の成功の影に、必ず入っている要素として、

4.人の弱い部分へつけ込んでいる」と言ったパターンが多いのも事実です。



 例えば、「ケチ」で有名な人がいたとします。^^;

 その人は、友達や仲間内で、誰かにジュース1本おごるにしても、常に躊躇したりして出し渋るような方であったとします。このタイプの人も、世の中には結構大勢いますよね?(笑)

 それ程ケチな人の元に、「出会い系サイト」等を利用したと言った感じの「架空請求」が来ました。
 ケチな人だけあって、こんなモノには鼻にも掛けず、請求書をゴミ箱へ投げ入れるかと思いきや、
 その人は、いとも簡単に架空請求とすぐに解りそうなモンにお金を払ってしまいました。

 普段、ジュースの自販機で、友達や仲間にジュース1本、110円程度をおごる事でさえ滅多にも無いと言う程お金に厳しい人が、スンナリと3万円〜5万円位の請求には、文句を言わ払っています。

 おかしいでしょ?(笑)

 でも、実際の所、これと似たような感じの人で、すぐに疑いもせず払ってしまったと言うのは、数え切れない程世の中にはいるのです。

 いるからこそ、そのような反社会的な輩も儲かる訳です。

 儲かるからこそ、真似て不当請求のような事を始める人はいても、逆にそのような活動を止めようとする人は殆どいません。

 その結果、楽にお金を得られると言う事で、急激に世の中に蔓延して行くと言ったような状態になります。

 ケチで有名で、ジュースの1本さえ友達におごるのさえ勿体無い等と言い、友達付き合いも余りしないような人が、こんな架空請求にはコロッと騙されてお金を払っているんです。

 ケチで有名な人でもこのザマです。もしケチでは無いような人ならどうなりましょうか?

 ここに、「人としてのつけ込まれる要素」とする「弱み」が存在しているのです。

 余り詳しく書くと、その気があるような予備軍の方まで、無駄に呼び覚ますような事にもなり兼ねない事から、詳細な説明等は割愛しますが、1回でもその系統のサイトを利用した覚えが自分に有ると、そこがつけ込まれるスキとなってしまい、その結果、それに理不尽でも従うと言ったような事になっている場合が多いので、皆様も十二分にお気を付け下さい。(^^;

 詐欺師とは、「模造した人格」を、「本当の人格」と同じかそれ以上に、「あたかも本当の人格」だと相手に思い込ませる事に長けたプロなのです。

 人と言うのは、自分の弱い部分を突かれると、保身上の事から、スンナリと受け入れたり、承諾すると言ったような所は、誰にでもありもっいているような一面です。

 その為、強い人になればなる程、自分自身の弱い所は全てクリアにしておくか、補強しておく等と言ったような感じで、何らかの対策や予防措置等が行われていたり、また徹底されていたり等します。

 このような、リスクヘッジを予め考察したり推察したり出来るような人であれば、つけ入るスキが生じない訳ですから、この手の詐欺に遭う事もありません。

 自分自身は赤の他人が守ってくれる訳ではありません。自分の身は自分で守らねばなりません。

 その為、ある程度の事は、事前に将来に関する推察や推測等を行い、予め予防措置として何らかの策を準備したりする等により、対向策を講じておくと言ったような事が大切です。

架空請求?

 架空の債権回収機構を名乗ったり、実在する正規の債権回収機構(会社)と間違えられる事を期待し類似する商号の業者名を名乗ったりし、貴方へ対し偽の債権支払いを請求する事です。

 大抵の場合、正規業者としては実在しないような商号を名乗っていますが、中には、より信憑性を増そうと、実在する正規業者名をそのまま名乗っている場合もありますのでご注意下さい。


債権管理回収業を営むには?

 法務大臣が許可した債権回収会社でなければ、債権管理回収業は営む事が出来ません。
債権管理回収業に関する特別措置法 第3条


架空請求か? 本物の請求なのか? その見分け方は?

1.連絡先に書かれてある電話番号が、「固定電話」ではなく、「携帯電話の番号」だったりする場合には、正規の請求では無いと疑うべきです。

 一般常識の観点から見ても、一般的な会社や企業等が、固定電話の1本も引いてないと言うのは、到底、考えられない事です。

2.支払いを指定している銀行口座等が、「法人口座」ではなく、「個人口座」のような場合には疑うべきです。

 債権回収業を営むには、それなりの規模が無ければ営む事は出来ません。
 その辺の個人や個人事業主、小規模な法人等では簡単には営めません。

 常識で考えてもすぐに解りそうなものです。しかし、騙されている人は沢山いるのです。^_^;

 正規の債権回収会社(サービサー)は情報が公開されており、簡単に正規の業者か偽の業者なのかは判別が可能です。

法務大臣の許可した債権回収会社一覧


★貴方へのメッセージ

 悪質な業者には、貴方からは一切連絡を入れないようにして下さい。
 そのような架空請求が来た場合には、一切相手にしないで下さい。

 貴方の個人情報を、無駄に悪質業者へ渡す事にさえなりかねません。

 尚、余り悪質な場合には、犯罪に当たる可能性も考えられます。
 そのような場合には、最寄りの警察署の方へ相談をしてみて下さい。


■参 考

 サービサーとは、債権回収会社が「(事)業」として、特定金銭債権の管理及び、回収を行う専門会社の事を指し示します。

 サービサーを営むには、サービサー法 第三条(営業の許可)で制定された要件を満たさなければ営む事は出来ません。

 「債権管理回収業は、法務大臣の許可を受けた株式会社でなければ、営むことができない。」と制定されています。

 また、第五条(許可の基準)には、具体的な要件等が制定されており、その辺の一般的な中小企業がサービサーを営もうとしても、容易に参入する事は少し難いような構造となっております。

 これは、悪質な業者を排除したり、はびこるのを防ぐような意味合いにより、事業として参入する為の敷居が少々高くなっていると言った所です。

 債権回収機構等を名乗る所から、もし貴方に架空請求等をされたような場合には、
法務大臣の許可した債権回収会社一覧等をご覧になり、先ずは正規の業者か否かをご確認下さい。

 正規の業者であれば、アダルトサイト等の類の債権等を取り扱う等と言ったような事は、まず考えられません。(^^;

  サービサー法の正式名称は、
  債権管理回収業に関する特別措置法 (平成十年十月十六日法律第百二十六号)です。

最近流行し始めた悪質な架空請求

 最近は、架空請求も類を見ないほど悪質化が進んで来た模様です。(08/12/2004 現在)

 勝手にでっち上げた架空の債権を、社会的に、法的に、有効にしようと目論む輩が出始めています。

その手口とは?

  少額訴訟制度を悪用し、債務の確定を法的に画策し、架空債権を合法債権へと転化を目論む。

  少額訴訟とは、証拠が十分に揃っている場合等に有効的に利用する事が出来、たった1回の裁判で判決を得る事が出来ます。

 手続き自体も比較的簡単で、個人でも簡単で安価に利用する事が出来る裁判制度です。
 少額訴訟は、簡易裁判所の管轄となります。

その流れのプロセス(手順)とは?

 悪質なアダルトサイト等を営む業者が、貴方へ対し、利用料の支払いを求め少額訴訟を提訴する。

 ある日突然、「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」等が、貴方の元へ裁判所から送達されて来る。

 此処で貴方が、「身に覚えもない」、「知らない」、「利用した事も無い」等と言って、それを無視すれば大変な事にもなりかねません。

 このような通知が裁判所から送達されてきた場合には、呼出期日に裁判所の方へ出頭だけは、必ずして下さい。

 もしこれらを無視し、呼出期日に裁判所へ出頭をしなかった場合、それこそ相手の思う壺です。

 その時点で貴方は敗訴した事になり、一方的に悪質業者の主張する内容に沿う形で判決が下るハメになってしまいます。^^;

 そうなれば、困るのは他でもない貴方自身です。

 最初は例え架空の債権だったとしても、判決を得た事により、架空債権は本物の債権として生まれ変わってしまうのです。

 結果、貴方の負債と言う事で確定してしまい、架空請求をしてきた悪質な業者へ対し、貴方は支払い義務を背負う債務者と言う立場に置かれる事にもなってしまうのです。困りますよね。(^_^;?

 そうならない為にも、必ず呼び出し期日には裁判所へ出頭をして下さい。

  後は、裁判所の法廷で、利用した事実は無い等とするような反論を行いつつ、相手の利益の基である証拠は捏造であるとして、それを潰す為、明確な接続記録等の提示を求める等により、証拠に対する証明責任でも追求しておけば、1回の審理で結審まで到達は無理とみなされ、通常の裁判へ移行する事になるかと思いますが、悪質業者は、通常裁判まで事が運ぶと勝ち目は有りませんから、そこで悪質業者から取り下げ等で終幕を迎える事になろうかと思われます。

 尚、虚偽の事実により精神的かつ肉体的に、様々な不利益を被った等として、逆に悪質業者を相手取って応訴し、貴方がそれらに対する賠償責任でも追及すると言ったような構えをとるのも、ある意味宜しいかと思われます。(^^;
最新アダルトサイト誘導白書

 最近は、アダルトサイトへの誘導にも、かなり手が込んで来ている模様です。(08/12/2004 現在)

 主にこれらの誘導には、電子メールを介して行われる場合が多く、しかも人力を駆使したような展開を行っているかのような節さえ感じる迄になってきました。

 この手の誘導は、主に悪質なアダルトサイトを営んでいる業者が主導して行い始めており、それを見聞きして真似る業差も次第に増加傾向にある模様です。

 尚、この誘導こそが、後々には架空請求等に次第に発展して行き、最後は良くある架空請求と同じように、無茶苦茶な金額を請求され出すようになります。

 ただ、この新手の誘導の場合には、実際に自分からが登録を行い、そのアダルトサイトを利用をしようとして引き込まれているような場合も多い事から、一概には架空請求とは言い切れない部分があります。

 しかし、請求される金額が法外となる場合がその殆どを占める事から、当サイトでは、この新手の悪質極まりのないアダルトサイトへの誘導等も、当コーナーにて広く紹介し、少しでも被害に遭う人が減少すればとの考えから、当コーナーにて最新事情として説明を行っております。

従来型のパターンの場合

 電子メール等に、直接アダルト系サイトや出会い系サイト等のURLが貼ってあるだけでした。

最近の新手のパターンの場合

1.間違いメールや、(アダルトサイトの)掲示板で貴方のカキコを見た等と言って、普通の女子高生等が好んで書くような書き方で、間違えたのも何かの縁と言ったような事で軽く流し、その後、何らかの質問を一つ二つされ、上手く貴方からの返信を誘うような感じの流れで、アプローチを掛けて来ると言ったような特徴があります。

  また、いきなり要求不満等と主張していたりするような内容の別の類似メールも2パターン程あるようで、それは、いきなり自分はアパレル系の会社の女社長である事を説明するような内容で、更に自分はキャリアウーマンとして生きてきたのでかなり要求不満になっており、付き合ってくれるなら金銭的な援助も月50万位なら任せて。と言った感じで、あたかも、サラ金巡りでケツに火の点いたような男性でもターゲットにしているのではないのか?と思わせるような内容のモノもあります。(^^;

 かなり昔、偶々掛けてこられた間違い電話から、少し話したら親しくなってしまい、その後お喋り友達になるとか、遊び友達になった等と言ったケースを体験した事のあるような人も希にいるかと思いますが、こんな感じで、相手は偶然や素人等も装って来たりもします。^_^;

2.
1番で質問されていたような事に真面目に返答したり、掲示板を見たと言うので、何処の掲示板を見たのか? とか、掲示板を見てくれて有り難う等と御礼の返答をしたりすると、程良くまた次の段階に移るようなメールが届きます。^_^;

 大体、この辺で内容の適当なメールが2,3回程度往復すると言った感じでしょうか。

3.
2番でしかと一方的とも思えるようなお喋りを聞かされた後は、今後からお互いがお付き合いやお喋りする際には、「ここを通してね」等と言った感じで、そのメールのバックに隠れていたと思われる、悪質業者の出会い系サイト等のURLが出てきます。

 大体の流れはこのような感じで、メールもかなりこまめに内容や、応答のタイミング等も上手く見計らう等、人力にかなり頼っているような感じを強く受けるようになってきました。

 尚、此処でうかつにでも登録してしまえば、そこから貴方に対する法外な額の請求活動等が始まるきっかけになる事も十分い考えられますので、この類のメールは、無視していても2回、3回と、こまめに届きますから、様子を見てメールの方の受信拒否でも設定されるのが最善かと思われます。

参考リンク

春香メール ・・・ 春香と称して送りつけてくるメールの詳細

高橋メール、彩香メール、市川メール等 ・・・ それぞれに称して送りつけてくるメールの詳細

彩香メール ・・・ 彩香と称して送りつけてくるメールの詳細
            続編等でも纏められているようです。(^^;

 参考までに、当サイトの管理者は、彩香メールにアダルトサイトへの誘導と最初気付かず、真面目に3回か4回ほどメールを往復させてしまいました。(汗笑)(;`O´)o

 同時期、他にも援助しますと言う内容のモノから、彩香メールとパターンが類似しているメールが3種ほど届いてましたが、彩香メール以外は即座に受信拒否の設定を行いました所、流石にフリーメールで送りつけてくるだけあって、予備のアドレスが幾つかあるようで、それぞれ、3〜5個のアドレスを受信拒否に設定し、ようやく収まったと言う所です。

 また、彩香メールの方も、アダルトサイトへの誘導が確実視出来るようになった時点で、受信拒否の設定を行いました。

 普段、掲示板等で仲間と楽しくお喋りを楽しむ感覚で送りつけられてくるので、最初の段階ではそれに気付かない場合も多そうなので、お気を付け下され。^^;(笑)

 事実、σ(^_^;)もコロッと担がれちゃいましたし・・・。(^^; (爆) (;^_^A アセアセ・・・

買取屋(カード規約上での禁止行為)

 クレジットカード等のショッピング枠現金化すると謳っているような所です。

・ 貴方の保有するクレジットカードを、業者に送れと指示されるパターン

・ 購入する物品を指定され、それを貴方がカードを使って購入した後、モノを業者へ送るパターン

・ 業者同伴で買い物を強要され、横で言われるままに様々な物品を購入させられ、その後でモノを取りあげられたり、カードも一緒に取られる等のパターン

 大体、多いのがこのパターンの内の何れかとなっております。

 尚、少し前の頃迄は、10万円分の物品を買ってそれを業者へ引き渡すと、一応、お金は支払われていた方が多かったようですが、近年では、お金も払わず、モノだけを騙し取る等と言った、詐欺を働く為にこの業を行っている業者ばかりになってきている模様です。

 また、例えお金に換えてくれたと言った場合でも、約束の金額とはかなりかけ離れていると言ったような、所謂、雀の涙程しか払うにしても、それ位しか払っていないと言ったような業者が殆どのようです。

 参考迄に、2百万円分の物品を送り、お金になって戻って来たのは、僅か3万円だとか、5万円等と言った感じです。

 全く払う気のない業者の場合、一銭もお金として払われる事もありません。

 全国レベルでの平均的な被害総額は、1人当たり150万円 300万円位の間が一番多いです。


 因に、物を業者へ渡したり送ったりすると、殆どの場合、業者とその後は連絡等が取れなくなり、そうなってから、初めて物を騙し取られたのだと気付くような人がかなり多いようです。

 尚、このようなカードの利用の仕方は、カード会社が定めた規定等により、禁止とされている換金行為です。

 また、業者に騙されて詐欺に遭ったような場合、最悪、貴方自身もカード会社から詐欺を働いた等として訴えられないとは限りません。十分、有り得ます。

  このような行為の後で、もし債務整理を行い、破産宣告でも受けようものなら、これらの行為は免責不許可事由に相当しますから、免責決定に関しても、大変不利な状況へと追い込まれる事にもなりかねません。

 カード会社から訴えられて立件されれば有罪(犯罪者)となり、刑務所へ送監されたり罰金刑等に処せられる事にもなる事でしょう。

 それを見越した上で詐欺を働く業者が殆どです。

 つまり、騙された貴方は訴え出ると、自分も訴えられかねないと言う事から、泣き寝入りをするしか無いと言う状況になります。

 だからこのような不正な行為が頻繁に多発し、沢山の被害者が出ていたとしても、先に述べた理由等により、中々表だった所や明るみに出にくいのです。

 参考迄に、このような行為をした結果、債務が返済不能となり、自己破産に至ったと言うような場合には、懈怠破産罪(破産法 第375条)となり、5年以下の懲役か、若しくは30万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

また、破産時の手続においては、このような換金行為免責不許可事由とされる場合もあります。

★貴方へのメッセージ

 業者は、貴方も巻き込めば、警察等への通報もされないだろう等とタカをくくり、最初から意図的に詐欺を行おうと画策している業者ばかりになって来ております。

 そもそも、カード会社の利用上での禁止事項ですから、カードを持って使う以上、決められた規則はルールとして、ちゃんと守るようにして下さい。

 尚、買い物が絡んでくると、既に業者が貸金業で正規に登録する業者であっても、貸金業者を監督する立場にある監督官庁や都道府県等の機関では、これらに一切、行政としてのタッチや、対応等が行えません。

 これは、貸金買い物とでは、法の上での管轄自体も別物として分かれる為です。

 消費者契約法や、割賦販売法等と言った、物を売り買いする方面に関係してくるような法に関連してくる事から、国や民間等で主宰されている各相談機関等も、全てが金融関係の所では無く、買ったモノとしての相談としては、消費者センター等に相談行う等、このような感じで、それぞれに対し、処理したり相談を行う為の担当機関も変わってきます。

 大変ややこしい事になるので、このような換金行為は絶対に行わないで下さい。(^^;

 業者は、常に法の網の目を上手く誤魔化したり、すり抜けようと、あの手この手を考えております。

 くれぐれも、このような馬鹿げた行為は行わないようにして下さい。

 世の中、そんなに貴方が考える程甘くは無いと言う事です。

一本化等の紹介・整理屋・提携弁護士

 多重債務者を食い物にする、紹介屋整理屋提携弁護士等、これらの被害も余り目立ちこそはしませんが、その被害者は、年々、急増中の傾向にあるようです。

借入件数多い方でも即刻融資

低利切替一本化

ブラックOK

  等と言ったような感じで、さもうま味のあるようなをまいたり囮広告等を出し、多重債務者をかき集めています。

 近年では、紹介屋が NPO の法人格まで用意し、その活動を大々的に行っている所さえ出て来ている始末です。(^^; (NPOとは非営利法人の事を指し示します。有償ボランティア団体)

借金苦解決

一人で悩んでいませんか?

 
等と言ったような感じの広告により、多重債務者を集めているパターンも出てきました。

 紹介屋とは、多重債務者に対し、消費者金融やクレジット会社等を紹介し、紹介先から紹介料を手数料として受領したり、提携する弁護士等の事務所へ紹介し、その事務所から多額の紹介料を受領する等して利益を稼ぎます。

 整理屋とは、提携弁護士の事務所に入り込んだ形ですが、入り込んでいる事務所の経営関係の主導権等も握っていると言ったような場合が殆どです。

 経営権を握られると言う事は、その弁護士も多重債務に陥っている可能性が高いと推察します。

 債務整理に関しては、整理屋が中心となり債務整理を行います。

 全国的な整理屋のグループになると、その各地域、地域毎に、複数の弁護士事務所を提携弁護士として支配下に置いているような、かなり大がかりな組織的活動を行っている整理屋グループも存在している模様です。

 提携弁護士とは、整理屋に、自分の名義を使用させるのと引き替えに、顧問料等の名目により、高額な名義貸料等を受領しています。

 しかし、実際の債務整理に関する事件処理等に対しては、殆ど関与さえしていないと言った場合が殆どです。

 骨の髄まで悪徳に染まり切り、墜ちる所まで落ちぶれたような士業等、世の中に掃いて捨てる程いますから、このような法曹界の風上にも置けないような悪徳弁護士には、十二分に注意をして下さい。

 尚、紹介屋整理屋から、提携弁護士が斡旋を受けたり、名義貸しにより名義を利用させたと言ったような場合には、弁護士法違反となります。

 この場合、業者の方も弁護士と同じく処罰対象となりますので覚えておいて下さい。

★貴方へのメッセージ

 世の中、腐った法曹界の人間も当たり前に沢山いる事を、良く認識しておいて下さい。

 まともな整理屋と言うのは、残念ですが、過去に1度も見た事も聞いた事もありません。

 整理屋とは、あこぎな商売で貴方を騙し、骨の髄までトコトン貴方をしゃぶり上げ、絞り上げては、更に地獄へ落とそうとします。

 債務整理に関しては、簡単な道や、楽な道と言ったような王道等はありはしません

 街角に貼られているような紹介屋とか、闇金のチラシ等が魅力的に見えてしょうがないと言ったような場合、既に貴方自身の抱え込める事が出来る債務限界のような所を超えていると断言出来ます。^_^;

 取り返しの付かない事になる前に、お近くの弁護士会や相談機関等に相談するようにして下さい。

ホームへ

⇒ 当ページに関するお問い合せは「info@kuresara.jp」までお願いします。
⇒ Copyright(C) 2004 クレサラ闇金相談所 All Right Reserved.