ページ最終更新日: 03/28/2009 02:46:52

SNSブログサイトマップ
ご利用案内個人情報保護方針お問い合せ窓口
ホーム
ご利用案内
ログイン
当会について
各種FAQ’s
各種検索
各種相談掲示板
電話相談について
ボランティア募集中!
悪への対処を怠る業者
ご支援・ご協力のお願い
ご寄附のお願いについて
ご寄附者ご紹介一覧
業務協力/提携先募集
当会へのご入会案内
当会の会員名簿一覧
個人情報保護
各種リンク
お問い合せ窓口

Copyright(C) 2003 - 2012
 
クレサラ闇金相談所  All Right Reserved.


各種FAQ’s

各種FAQ’sのコンテンツは、優先順位(重要度)の高い順に制作を進めている所で御座いますが、コンテンツ制作に当たる人員が当会には1名しかおりませんので、全ての拡充予定コンテンツが整備される迄にはもう暫くお時間を頂戴させて頂く事になります。 ご理解ご了承いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

また、こんなQ&Aを追加して欲しい等と言うようなご要望等御座いましたら、お手数ですが「要望/批判/質問/ご意見受付掲示板」の方まで具体的な詳細をお寄せ下さい。前向きにご検討させて頂きますので宜しくお願い申し上げます。


コンテンツ制作・作成関係のボランティアを募集しております。
委細詳細は、「当サイトPC用トップページ」→「ボランティア募集!」→「当サイトの各種コンテンツの作成・制作・企画」をご覧下さい。<m(__)m>
債務整理に関するQ&A(制作準備中)
個人再生に関するQ&A (制作準備中)
自己破産に関するQ&A (制作準備中)
過払い金に関するQ&A(制作準備中)
生活改善関係に関するQ&A (制作準備中)
その他関連Q&A (現在制作中
  ・裁判所に絡む様々な処理関係(Q1、Q6以外、作成準備中)
各種用語集(制作準備中)
各種雛形のダウンロード(制作準備中)
▼修正待コンテンツ
▼旧ページ仮リンク
※下記は情報が古い事から、参考程度にとどめるようにされて下さい。 
 
下記は準備予定のコンテンツのメモ代わりなので意味はありません。A^_^;)アセアセ
・個人再生に関するQ&A

個人再生とは、 民事再生法(平成十一年十二月二十二日法律第二百二十五号)の内、個人向けの再生手続の特例として平成13年4月より施行された「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の事を言い、企業版民事再生の個人版と言う位置付けとなっております。

個人再生の代表的なメリットの一つとして、不動産等のような財産となる自宅等は、住宅資金特別条項(通称、住宅ローン条項)を付ける事により、住宅ローンの抵当権が付いた自宅等も処分する事無く守ると言う事も可能です。

尚、個人再生は非常に手続きが複雑であると同時に、利用の可否を判断する上での要件を満たしているかと言う所での判断も簡単ではありません。

従いまして、個人再生を選択されようと考えている人は、先ずはお住まいの地域で個人再生に精通した弁護士等を探して下さい。個人再生を処理した経験が無いとか、経験が浅いと言うような弁護士は出来るだけ避けた方が無難です。

経験豊富な弁護士が見つかりましたら、先ずは自分の置かれた状況で「個人再生を選択すべきか?」、「個人再生が利用出来そうか?」と言うような二点を相談に行かれるなりして必ず確認し、その上で後々の事は判断されるようにして下さい。

・破産免責に関するQ&A

破産とは、破産法(平成十六年六月二日法律第七十五号)として旧法から一新され、平成17年1月1日より施行されました。

破産の代表的なメリットの一つとして、破産手続きを開始して破産宣告を受け、その後、免責の申し立てを行い免責が認められると、債権が消滅(厳密には返済義務が伴わない自然債務へ変わります)すると言う、言うなれば伝家の宝刀と呼ぶに相応しい、究極の生活立て直しの為の債務整理手段と言えます。

尚、旧法では破産免責を得てから10年間は再び免責を得る機会を得られなかったのが、新たに施行された新破産法では時代を反映した形で若干短縮され7年間となっております。(旧法時代に破産免責をされている人は10年、新法施行日以降に破産免責されている人は7年となります。)


 

Copyright(C)  2003 - 2012 クレサラ闇金相談所  All Right Reserved. World Width.

⇒ 当ページ制作者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ制作日:11/09/2005
⇒ 当ページ保守者:カルビ&トライ
⇒ 当ページ保守日: 03/28/2009 02:46:52

 

 
クレサラ闇金相談所